とろけるチーズと卵で超簡単12分でつくるカルボナーラ【レシピ】

こんにちは~!今日はグルラボを使わないレシピの紹介です。とろけるチーズと卵で超簡単につくるカルボナーラです。

すっごく簡単にできて美味しいのでおすすめですよ~。とろけるチーズと卵、ベーコンがあればできます。厚めのフライパン1つで全て作れてしまいます。1.6mmの麺を使えば10分程度で全てできあがりますよ。

生クリームや牛乳を一切使わないのでとってもお手軽にできます。パルメザンチーズも使いません。簡単なのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

とろけるチーズを使ったカルボナーラのレシピ

とろけるチーズを使ったカルボナーラ(1人前)

材料:

  • パスタ 100g
  • とろけるチーズ 35g
  • 卵 1個
  • ベーコン 2枚
  • おろしにんにく(瓶タイプ) 小さじ1
  • トマトケチャップ 小さじ1
  • 塩 水の量に応じて
  • 胡椒 少々
  • 茹で汁 小さじ1

調理時間:約12分

レシピはこんな感じです。ベーコンの代わりにウィンナーやサラミでもOKです。とろけるチーズはスーパーでよく売っている、ピザトーストなんかを作るときに使うやつで大丈夫です。

こんなやつです。この「とろけるミックスチーズ」はドンキホーテで買ったものです。ドンキブランドの情熱価格ってやつで安いんですよね。

今回、麺はスーパーバリューというスーパーのプライベートブランドのものを使いました。これ確か800g入って200円台で安売りしていたやつです。太さ1.6mmでゆで時間7分です。

とろけるチーズを使ったカルボナーラの作り方

まず材料の下準備をします。ベーコンを1cmくらいの幅に切っておき、卵は黄身と白身をかき混ぜておきます

卵は黄身と白身をすべて使います。黄身しか使わない作り方のほうがスタンダードだと思いますが、白身がもったいないですからね。黄身と白身を両方入れても十分濃厚なカルボナーラができるので安心してください。

下準備が終わったら、厚めのフライパンか鍋に水を入れ沸騰させます。沸騰したら塩を入れます。このフライパンだと大さじ1杯くらいです。水の量1.5リットルに対して大さじ1杯が目安です。

このT-falのフライパンですがパスタを折らずに入るのですごっく使いやすいです。鍋にくらべて沸騰するのも早いです。

パスタが茹で上がる4分くらい前にベーコンをオーブントースターか魚グリルで焼いておきます。

あまり焼きすぎるとスースに絡みにくくなるので、2分程度焼けば十分だと思います。焦げ目がついてしまうと焼きすぎです。この作業が面倒であればベーコンは焼かなくてもOKです。

私はアルミホイルを魚グリルに敷いて焼いてます。焼き加減は下の写真のように、ほんの少し焦げ目がついて、身が丸まってくるくらいがソースに馴染んで美味しいですね。焼き時間としては2分くらいでしょうか。

パスタが茹で上がる1分くらい前に皿にパスタを移しておきます。この時ゆで汁を小さじ1杯分くらいとっておきましょう。

火を弱火にしてフライパンにとろけるチーズとベーコン、おろしにんにく、トマトケチャップを入れ、すぐに茹で上がったパスタを入れます。

ここでトマケチャップを入れるのがポイントです。トマトケチャップを入れることで全体的に味が馴染じんでコクのある味わいになりますよ~。

さきほどとっておいたゆで汁を小さじ1程度入れて素早くかき混ぜます。ゆで汁を入れるのはチーズを溶かす目的と、ソースと麺の味を馴染ませるためです。ゆで汁を入れるとソースと麺の一体感が増すんですよね。

だから私は市販のパスタソースを使うときにも、必ずゆで汁は入れますね。

チーズが麺に絡んだところで火を止めて卵を入れさっとかきまぜます。火を消すのを忘れないようにしましょう。そうしないと卵が固まって炒り卵みたいになっちゃいますからっ。

できあがったパスタを皿に盛りつけます。そして胡椒を全体にまんべんなくかけて完成です。胡椒の香りが食欲をそそりますね~。

お好みでエキストラバージンオリーブオイルをすこ~しかけても美味しいと思います。あまりかけるとオリーブオイルの味になっちゃうので気を付けて下さい。

とろけるチーズを使ったカルボナーラを試食

う~ん。チーズの酸味と卵のまろやかな甘さのハーモニーが絶妙です。ベーコンと胡椒もいいアクセントになってますね。もっと卵の味が濃いほうがいいという人は、白身を除いて黄身だけ使うとよいですよ。

臭いが気になる人はニンニクは入れなくても全然OKです。ニンニクなしでも美味しいですよ~。

ひと手間かけるとさらにパスタが美味しくなる

冬場などで寒い日にひと手間かけることで、もっとパスタが美味しくなります。その工夫とは「お皿を温めておく」ということ。パスタが茹で上がる2分くらい前に、パスタの茹で汁をお皿の中に入れて、お皿を温めておくとよいですよ~。

面倒ですが、こういうひと手間で料理がもっと美味しくなるんですね~。ゆで汁を捨てた後にサッとお皿を拭くのを忘れないようにしましょう。ソースの味が薄まってしまうので。

おわりに

いかかがでしたか?今回はとろけるチーズと卵でつくるカルボナーラのレシピの紹介でした。牛乳や生クリームを使わなくてもコクがあるパスタができたと思います。

カルボナーラってこんなに簡単にできるんですよ~。ベーコンがないときはウィンナーやサラミでも代用できすのでぜひ試してみて下さい。

カルボナーラはパスタの中でも特に人気が高いので、お子さんがいる家庭や客人が来た時のおもてなしなどに是非作ってみてくださ~い。

さきほどの調理の写真で出てきたフライパンです。ティファールのフライパンでパスタをゆでたり、唐揚げを揚げたり、炒め物をしたりとなんでもこなす優れモノなんですよ~。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする